多機能なのに無料な画像編集ソフト『PhotoScape』のダウンロード&インストール方法を徹底解説【Windows10】

デジタル

こんにちは。管理人です。

この記事では「無料の画像編集ソフトPhotoScapeのダウンロード&インストール方法」を紹介します。

※MacOSの場合は名称が「PhotoScape⇒PhotoScapeX」になっています。

PhotoScapeは危険と言われてるけど大丈夫なの?

一部では「ダウンロードは危険」だとか「ダウンロードしたらウイルスが入った」などと言われていますが、僕は過去3つのパソコンにPhotoScapeを導入してもウイルスには感染しませんでした。

恐らくPhotoScapeを配信しているサイトの中に悪意ある管理者が運営するサイトが存在し、PhotoScapeの危険を唱える方はそういったサイトの餌食になったのだと思います。

今回は僕がいつも使っているサイトをベースにダウンロードしていくので、安心して作業を進めてもらえればと思います。

PhotoScapeのダウンロード&インストール手順

今回やる作業は主に2つ。

PhotoScapeのセットアップファイルをダウンロードする
セットアップファイルを利用してPhotoScapeをインストールする

言葉にすると難しく聞こえますが、作業自体は10分もかからずに終わります。

それでは早速やっていきましょう。

PhotoScapeのダウンロード方法

まずはPhotoScapeのダウンロードサイトに飛びます。

PhotoScape

ページ内にある「Download Now」をクリックします。



このsoftnicというのも最近は危険と言われいるので、くれぐれもsoftnicからはダウンロードしないようにしてください。セットアップファイルを実行さえしなければウイルスは入らないので、万が一ダウンロードしてしまった場合はすぐにセットアップファイルを削除しましょう。



下記のページに飛んだら再度「Dowonload Now」をクリックします。



セットアップファイルがダウンロードされたらPhotoScapeのダウンロード作業は完了です。



PhotoScapeのインストール方法

お次はセットアップファイルを利用してPhotoScapeのインストールをしていきます。

ダウンロードしたセットアップファイルを起動します。



右下の「インストール」をクリックして、

インストール終了まで待機すると…。

無事にPhotoScapeのインストールが完了しました。

以上で作業は完了です。

まとめ

以前は「GIMP」という無料の画像編集ソフトを使っていたのですが、僕のような素人には操作が難しすぎて1ヵ月くらいで使うのをやめてしまいました。

その点PhotoScapeは本当に素晴らしいですよ。

縁取り文字やモザイク、吹き出しやスタンプ、ありとあらゆる操作が簡単に出来ちゃいます。

当ブログで使っているサムネイル画像はほぼすべてPhotoScapeで作っていますが、今の所二重の縁取り文字を作れないこと以外の不満は出ていません。

これからも僕のことを支えてくれよ!ふぉとす!!←PhotoScapeの略

それではまた。

デジタル
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました