埼玉県民が京都の交通マナーの酷さに呆れかえった話

スポンサーリンク
生活のすゝめ

今年は快適な夏を送れると思ったのに、早速クーラー壊れました。室外機から爆音がします。ちなみに修理したのは今年に入ってからです。泣きそうです。

そんなわけで、少しでも涼を取ろうと活動時間帯を深夜に移行しました。管理人です。

先月、友人とロードバイクを担いで京都に行ってきたんですが、噂通りの治安の悪さですね。僕らがトラブルに巻き込まれたりとかはなかったですけど、傍から見ててヒヤッとする場面に多く遭遇しました。

そこで今回は、ロードバイクで京都観光をしてみて分かった、京都の交通事情についてお話しします。

スポンサーリンク

京都府民に法令順守の言葉なし

信号機は飾り

京都駅を出て、西九条方面へ走り出してすぐ。信号が赤に変わって止まった瞬間、後ろからクラクションと共にタクシーが走り抜けていく。それから40分後、今度は反対車線のタクシーがクラクションを鳴らしながら走り抜けていった。言うまでもなく、信号は赤である。

友人と顔を見合わせて苦笑いをしつつも、内心は命の危険を感じていた。走り出して1時間もせずに、赤信号をクラクション鳴らしながら特攻してくるなんて、命がいくつあっても足りない。

タクシーだけじゃない。一般の車も同じ。赤になってからが勝負って感じ。

一時停止は彼らに見えない仕様になっている

京都府民で一時停止を守るものなどいない。そこに一時停止などないかのように駆け抜けていく。恐らく彼らに一時停止は見えていないのだろう。

車間なんて概念はない

最近話題になっている「煽り運転」だが、車間を近づけることを煽り運転と言うのであれば、京都のほぼすべてのドライバーが、あおり運転常習犯ということになる。

東京もかなり酷いと思っていたが、そんなことは全然なかった。日々の運転にストレスを感じている人は、京都にくればその悩みが如何に小さいものであるかを気付かされる。

法定速度なんて概念もない

これは他地方でも同様のことだが、京都はそれに加えて車間距離が近いという要素も加わるので、見てるこっちは気が気ではない。1台が急ブレーキを踏んだら軽く10台が巻き込まれる速度と車間で走っている。

ウィンカーが壊れている

10台の車が車線変更をしたら、ウィンカーをつけているのはそのうちの3台に満たない。右左折の時は多少増えるが、それでも10台中4台がウィンカーをつけてるかどうか。後ろに車がいようが、自転車がいようが、歩行者がいようが関係ない。

京都内を走っている車の多くはウィンカーが壊れていると思われる。

ノンストップバス

ノンステップバスならぬ、ノンストップバス。

頑なにブレーキを踏まずに詰め続ける京都バス。それでいてバス停に停まる時は超急ブレーキ。カーブでは車体が大きく傾き、信号では車体が大きく前のめり。

乗っている客は生きているのか心配で仕方がない。

走る大量〇人兵器

タクシーは出所した犯罪者が乗っていると思われる。歩行者は轢くの姿勢で走っており、赤信号はギリギリ行ってもいいの合図だと思っている。路駐とノーウィンカーは朝飯前。クラクションは日常茶飯事で、常にクラクションを鳴らしていないと生きられない生物。他県ナンバーを見たら煽って怒鳴るのが日課。

車の窓が開いたらタバコを捨てる合図

窓から手を出しているドライバーはタバコを捨てる、もしくは既に捨てている。路上の至る所にタバコの吸い殻とゴミが落ちており、自転車のこっちは常に路面を気にする必要がある。京都のドライバーは、少年の心が抜けきっていない悲しいドライバーが多い。

ライダーは全員族上がり

車間はゼロ距離、一瞬でも隙を見せたら抜かれる。信号はフライングスタートどころではなく、赤信号で既に走り始めている。一通の逆走はお構いなし、横断歩道も歩行者の間をすり抜けるように駆けていく。原付だとかオートバイだとかは関係ない。

歩行者はあたり屋

京都府民と思われる歩行者の無謀横断の数々。信号がないところで道路を横断するのは当たり前、車が来てようが関係ない。車道を歩くのも当たり前。車に急ブレーキを踏ませることを楽しんでいるようにさえ見える。歩道から車道へ飛び出すのも当たり前。自転車とぶつかりそうになっても知らんぷり。道路を渡る時に左右は絶対に見ない。車とぶつかりそうになって初めて顔を上げる。

まとめ

ガガガからの画像

他県。特に関東地方の人間が京都に行って無事に帰ってこれるとは思わない方がいいです。歩行者だろうが運転者だろうが、死ぬ覚悟を持って京都に行きましょう。僕は今でも不思議です。あんなところが日本で最大の観光地になっていることが。

でも日本一治安が悪いと言われてるのは納得でした。

それと車で行く方は黄色信号で止まらないようにしましょう。死にます。後ろからタクシーとバスが突っ込んできますよ。

タイトルとURLをコピーしました