【Cocoon】GoogleAdSenseの自動広告を簡単に設置する方法

スポンサーリンク
Cocoon

こんにちは。管理人です。

この記事では「Cocoonに標準搭載された機能を使ってグーグルアドセンスの自動広告設置する方法」を紹介します。

アドセンスの登録と審査が済んでいない方はこちらの記事もどうぞ。

スポンサーリンク

グーグルアドセンスから広告コードを取得する方法

それでは早速やっていきましょう。

まずはグーグルアドセンスにログインしてアドセンスページを開く。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google
自分の「好き」を収益に。AdSense でウェブサイトやコンテンツを収益化する方法を学びましょう。

左側に表示されているメニュー一覧から「広告」項目を選択しその中にある「広告ユニット」をクリック。

Cocoonテーマは広告ユニットのコードを入力すれば自動的に自動広告コードの生成をしてくれるので、自動広告を設置したい場合も「広告ユニット」の方を選択してください。



ページ上方にある「新しい広告ユニットの作成」から「ディスプレイ広告」をクリック。



左上に「名前(内容は任意)」を入力して右下の「作成」を選択。

他の設定はいじらなくて大丈夫です。

作成を押すと広告コードが表示されるのでそれをコピーして「完了」をクリック。



コードを再度コピーしたい時は広告ユニットページに入って該当の広告ユニット欄にある「<>」をクリックするとコードが再度表示されます。



コードの取得はこれで完了です。

次の項目ではいよいよアドセンスの自動広告を設置していきます。

Cocoonテーマでグーグルアドセンスの自動広告を設置する方法

ワードプレスのダッシュボードから「Cocoon設定」を開きページ上部に表示される「広告」項目をクリック。



全ての広告を表示」と「全てのアドセンス広告を表示」にチェックが入っていることを確認して「広告コード」の部分に先ほどコピーした広告コードをペースト。



アドセンス表示方式」項目にある「アドセンス自動広告のみ利用」にチェックを入れる。



自動広告のみしか利用しない場合はページ下方にある「変更をまとめて保存」をクリックして作業は終了です。

自動広告は数十分(人によって数時間)かけて徐々に広告が表示されていくので、設定を保存した直後に広告が表示されていなくても焦らないようにしましょう。

Cocoonテーマなら手動で広告を入れるのも簡単に出来る

今回は「アドセンス自動広告を利用する」方法を紹介しましたが、Cocoonテーマアドセンスの広告を手動で設定することも容易に行うことが可能です。

例えば「自動広告とマニュアル広告を併用」や「マニュアル広告設定」を使うことで、広告の表示位置を自分で設定することが出来ます。

多くのCocoonユーザーはー(恐らく)「自動広告とマニュアル広告を併用」を利用していて、自動広告で表示されない部分を手動広告でカバーしています。

サイトの構造によっては自動広告のみだと広告がほとんど表示されないこともあるので、「アドセンスの広告が全然表示されない」とお悩みの方は手動広告を使ってみるといいかもしれません。

詳しいことはCocoonの公式フォーラムで説明されているので是非。

広告(AdSense)を手っ取り早く設定する方法
Cocoonテーマ利用時における、最も簡単なAdSense広告設定方法の紹介です。

最後に

アドセンス広告は過度に掲載するとアドセンスポリシーに引っかかってアカウントをバンされてしまうこともあります。

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くならないようにします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

GoogleAdSense-広告の掲載に関するポリシー」より

ユーザーの目線に立って考えてもほどほどの広告が一番だと思うので、あまり広告を詰め込みすぎないように注意しましょう。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました