【ロードレイジに注意】煽り運転や危険運転に遭わない為の対処方法まとめ

スポンサーリンク
生活のすゝめ

こんにちは。管理人です。

最近話題になっている煽り運転ですが、僕は「煽り運転をされる側にも原因がある」と考えている人間です。

もちろん被害者側に全く非がない事例も存在しますし、仮に非が被害者側にあったとしても煽り運転は絶対にいけないことです。

ただ、自分から相手が煽り運転をするきっかけを作っておいて「煽り運転だー!危ないー!通報だー!」と騒ぎ立てるのは何か違うと思いますし、結果的に自分が被害を被るのはとても馬鹿らしい。

そこで今回は「長年様々な乗り物を運転してきた僕が『煽り運転に遭わない為の対処法』」を紹介します。

スポンサーリンク

煽り運転や危険運転に遭わない為の対処法

法令に則った運転をする

出来て当たり前というか出来ないなら運転をするなという話ですね。

煽り運転が起こるきっかけは大抵が「追い越し車線に居続ける」「長い一本道で道を譲らない」といった法律違反が原因なので、追い越しが終わったら走行車線に戻る、詰めてくる車が来たら道を譲ることを徹底しましょう。

ブレーキを無闇に踏まない

ブレーキを不適切なタイミングで踏むとブレーキランプが点滅するような形になり、後方にいる車両にとって強いストレスになります。

中には「こっちを煽ってるんじゃないか?」と思う人間もいて、それがきっかけで煽り運転に発展します。

ブレーキは適切なタイミングで正しく使用しましょう。

ドライブレコーダーを付ける

常習的に煽り運転をしてる人間はこちらがどのような運転をしていても煽ってきます。

そういった人間への抑止力となるのが「ドライブレコーダー」の存在です。

「自分の行動は全て記録されている」と相手に思わせることが大切で、ドライブレコーダーの導入が難しいようであれば「ドライブレコーダー録画中」というようなステッカーを貼るだけでも十分な抑止効果になります。

危険な運転をする車を見つけたら近寄らない

ブレーキをやたら点滅させている、車体が左右にフラフラと揺れてる、急加速急ブレーキをしている。

少しでも危険を感じたら車線を変更したり、コンビニに入るなどして危険な車両から距離を取りましょう。

仕事で車を運転している方は時間もあるでしょうし中々難しいと思いますが、煽り運転に巻き込まれて事故に遭ってしまっては本末転倒です。

万が一煽り運転に遭ってしまった時に取るべき行動

ドアの鍵を閉めて窓は絶対に開けない

相手が降りてきた場合、相手がどんなに怒ってようが、文句を言っていようが、対話を試みようとしてはいけません。

ドアの鍵と窓を閉めて、相手とは絶対に会話しないこと。

どちらが原因だとしても、車を止めて激情している人間にまともな対話は出来ません。

警察へ通報

相手が車から降りてきた、きてないに関わらず、身の危険を感じたらすぐに警察へ通報します。

ここで重要なのは警察へ相手のナンバーを伝えること、相手に警察の存在を知らしめることです。

くれぐれも自分だけで何とかしようなどと考えないように。

(可能なら)安全な場所に避難する

これは車線数の多い大通りや高速道路の話になりますが、車線上で車を停止させられた場合はタイミングを見計らって路側帯等の安全な場所に避難しましょう。

【衝撃事件の核心】激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故
神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突し、ワゴン車の夫婦が死亡した事故に関心が集まっている。車を運転する人には、とても他人事と言えない事故…

以前起きた東名高速道路での煽り運転に起因する追突事故を見ても、高速道路上で車両を停車させることが如何に危険かお分かり頂けると思います。

本当に突然煽ってきた?煽られる前の自分の行動を見返してみよう

「うわっ!いきなり煽ってきやがった!」

確かに”いきなり”かもしれませんね。

ですが、少し前の自分の行動を思い返してみてください。

追い越しが終わったのに追い越し車線に居続けてはいませんか?

道路に出る時ぶつかりそうになった車はいませんか?

前方の車と車間は近すぎませんか?

煽り運転をする人間の心理は「強すぎる正義感」による物が多いと言われています。

要は「ルールを守らない人間が許せない」わけです。

煽り運転も立派な法律違反ですが、今一度自身の行動に不適切な点がなかったか確認してみましょう。

最後に

僕は今までの人生で交通トラブルに遭ったことが一度としてありません。

それは単に運がいいだけと捉えられることも(実際運が良いのだと思います)ありますが、僕は僕自身が積極的に行った対策(他車への気遣い)の結果だと考えています。

交通トラブルに遭うリスクというのは誰しも少なからず抱えています。

ただ、そのリスクを上げるも下げるもあなたの行動にかかっていることを忘れないように。

昨今、煽り運転を原因とする痛ましい事故のニュースを耳にすることが多くなっています。

どうかこの記事を読んだ方がそういった事故の当事者にならないように。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました