【Windows10】パソコンを分解することなくメモリの規格調べる方法【CPU-Z】

スポンサーリンク
デジタル

こんにちは。管理人です。

この記事では「Windows10のパソコンを分解せずにメモリの規格を調べる方法」を紹介します。

スポンサーリンク

パソコンを分解せずにメモリの規格を調べる方法

それでは早速作業に入っていきます。

今回の作業でやることは主に2つ。

①フリーソフト「CPU-Z」をダウンロードする
②「CPU-Z」を使ってメモリの規格を調べる

順序良くやれば数分で終わってしまうので、気負わずぱっぱとやっていきましょう。

フリーソフト「CPU-Z」をダウンロードする

まずはCPU-Zの公式サイトに飛ぶ。

CPU-Z | Softwares | CPUID
CPU-Z is a freeware that gathers information on some of the main devices of your system : Processor name and number, codename, process, package, cache ...

公式サイトに飛んだらページの「DOWNLOAD」部分にある「ZIP・ENGLISH」をクリック。

「DOWNLOAD CUSTOM」は別物なので注意してください。

表示された「DOWNLOAD NOW!」をクリック。



ダウンロードしたファイルを「展開」又は「解凍」する。

Windows10はファイルを右クリックで圧縮ファイルの展開が出来ます。

これでCPU-Zのダウンロードは完了です。

「CPU-Z」を使ってメモリの規格を調べる

次はCPU-Zを使ってメモリの規格を調べていきます。

先ほど展開(解凍)したファイルを開いてCPU-Zを起動する。

64bit版OSを使っている場合は「cpuz_x64.exe
32bit版OSを使っている場合は「cpuz_x32.exe



CPU-Zを起動したら「SPD」タブをクリック。



Slot #1」と「Max Bandwidth」の隣に書いてあるメモリの規格を確認する。

僕の場合は「DDR3 PC-10700」ですね。

これでメモリの規格確認作業は終了です。

他スロットのメモリ規格も調べたい時は「Slot #1」と書かれている部分をクリックすることで確認することが出来ます。

大抵のパソコンはネジを数本外すだけでメモリの確認が出来る

世に出回っている大抵のパソコンはネジを数本外すだけでメモリの存在を確認することが出来ます。

規格の確認はそれに加えてメモリを外す作業が必要になりますが、メモリの横に付いている留め具をずらすだけと簡単です。

確認の速度は今回紹介したCPU-Zの方が早いですが、メモリを外した経験がない人は勉強がてらパソコンを開けてみるのもいいと思います。

「メモリって触ったら壊れそう…」

大丈夫です!メモリはそう簡単に壊れないですから!

もちろん無理は禁物ですけどね。

それではまたどこかで。

タイトルとURLをコピーしました