【Windows10】ストレージの保存先を外付けドライブに変更する方法

デジタル

こんにちは。管理人です。

この記事では「Windows10のストレージ保存先を外付けHDD、もしくは、外付けSSDに変更する方法」を紹介します。

ストレージの保存先を外付けドライブにするメリット

ストレージの保存先を外付けドライブにするメリットは沢山ありますが、その中でも「ドライブ間のファイル移動をする必要がなくなる」という点は非常に魅力的です。

例えば、Aドライブ(内部ストレージ)とBドライブ(外付けドライブ)を使っている時、保存先をAドライブにしたままだと、ファイルをAドライブからBドライブに移すための手間がかかり作業効率の低下を招きます。

日常的に大量のファイルを扱う場合、ファイルの保存先をそれぞれのコンテンツに合った物にすることは、生産性、作業効率の向上に大きく貢献してくれます。

ストレージの保存先を外付けドライブに変更する方法

外付けドライブを用意する

複数の外付けドライブを使用している場合は、保存先に指定するドライブの名前を確認しておきましょう。

僕の場合は「外付けドライブ(F:)」ですが、ドライブ名はハードウェアによって異なります。

Windowsの設定ページを開く

Windowsアイコン」を押してスタートページを開き「歯車マーク」をクリック、もしくは、「Windowsキー+Iキー」 を押してWindowsの設定ページを開く。

Windowsアイコンを押して歯車マークをクリック
Windowsキー+Iキーを押す
Windows設定ページ

ストレージページを開き各種保存先の設定をする

Windowsの設定ページの「システム」を開く。



システムページ内の「ストレージ」項目をクリック。



ストレージページ下方の「新しいコンテンツの保存先を変更する」を選択。



変更したいファイルの保存先を設定する。



設定した項目の右側に出てくる「適用」をクリック。

以上で作業は完了です。

追記:作業で設定したのは保存先の変更のみなので、ドライブごとのバックアップを取っている方は再度設定をする必要があります。

最後に

WindowsOSやドライブのアップデートによ元の保存先に戻ってしまうことがあります。

保存したファイルが外付けドライブにない時は以前の保存先を確認してみてください。

デジタル
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました