目指せ理想の小麦肌!効率良く綺麗にお肌を焼く方法

エンタメ

綺麗な小麦肌にするはずが、気づいたら肌がボロボロになっていた…。

こんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

テレビでは綺麗な小麦肌をしたモデルさんが度々登場しますが、いざ自分で日焼けをしてみると中々上手く肌が焼けず困っている人は多いです。

そこで今回は「効率良く綺麗にお肌を焼く方法」を紹介します。

日焼けをしたことがない人でも簡単に小麦肌を手に入れることが出来るので、是非試してみてください。

日焼けはどうして起こるの?

上手な日焼けの仕方を知る前に日焼けのメカニズムを知っておきましょう。

そもそも日焼けというのは一種の火傷のようなもので、紫外線にお肌が長時間晒されることによって起こります。

熱湯などで火傷をしたあとお風呂に入ると痛みを感じると思いますが、日焼けをした後のお風呂を痛いと感じるのも同じ理由です。

今回のテーマはあくまで「理想の小麦肌」であり、肌を真っ黒に焼くことではありません。

理想の小麦肌を手に入れるためにはほどほどの日焼けがカギになるので、くれぐれも日焼けのしすぎには気を付けましょう。

日焼けの度合いは人によって異なる

同じ場所で日焼けしても、日を少ししか浴びていないのに肌が真っ赤になってしまったり、逆に沢山の日を浴びたのに全然日焼けをしなかったり、日焼けの進行速度は人によって異なります。

ここで気を付けて欲しいのは、元々の肌が白い方です。

肌が色白の方は肌が紫外線に弱い傾向があるため、上手な日焼け方法を実践することに加えて、少しずつ日焼けすることを徹底してください。

体質に合わない方法は日焼けに失敗するだけでなく、体に不調を及ぼす可能性もありとても危険です。

自身の体質を見極めて適切な日焼け方法を選択しましょう。

スポンサーリンク

理想の小麦肌を手に入れる為の日焼けの方法

①日サロ

日焼けサロンの大きな特徴は”自分の好きな肌色を自由に選択できる”という点で、日焼けに失敗することはまずありません。

それに加えて日焼けサロンはシミも出来にくいため「日焼けはしたいけどシミが怖い」という方にもおすすめです。

強いて日焼けサロンの欠点を挙げるのであれば、肌色をキープするために7日に1回、遅くとも14日に1回程度サロンに通う必要があるということで、自宅から遠い場所を選ぶ場合はサロン代とは別に交通費もかかってしまいます。

とは言っても、肌の出来栄えは圧倒的に日焼けサロンの方がいいですし、最近は料金の安いサロンも沢山あるので、まずは近所の日焼けサロンを調べてみてください。

②天サロ

前項で日サロを紹介させて頂きましたが、太陽の光で気持ちよく日焼けしたい方もいると思います。

天サロは日サロに比べて失敗が多いため、やり方も含めて詳しく説明していきます。

〇天サロで小麦肌を作る時は数日に分けて行う

天サロで小麦肌を作る時絶対に守らなければいけない条件があります。

それは”日焼けを数日に分けて行う”ことです。

太陽の光は紫外線が強いため、一日で焼けようとすると必ずと言っていいほど失敗します。

数日に分けて行うのは面倒だとは思いますが、この部分を守らないと綺麗な小麦肌は作れません。

〇天サロは場所と時間が重要

太陽の光を使った日焼けはすぐに効果が出てしまうため、適切な場所を時間を選ぶことが重要です。

他サイト様の記事にとても参考になる表がありました。

この表を見ていただけると分かるように、日焼けにかかる時間は場所によって大きく異なります。

それ以外にも日焼けの時間帯が重要で、10~15時の昼間は太陽の紫外線が強いためなるべく避けましょう。

朝や夕方の海やプールであれば、30分程度の天サロでいい感じの日焼けになります。

〇お肌を焼く時は必ずサンオイルを塗る

日焼けするのにサンオイルはおかしいと思われるかもしれませんが、綺麗な小麦肌を作るためにはサンオイルを使って肌のダメージを減らすことが重要です。

この時注意してほしいのがサンオイルのPA値で、値が低いものを選ぶと肌が焼けすぎてしまいます。

日焼けのしすぎはどうにもならなくなってしまうので、PA++++の物を使用しましょう。

SPFは日焼けする時間を遅らせるものなので、より早く日焼けしたければ値の低いもの、遅く日焼けしたければ値の高いもの、皆さんのお好みで選んでみてください。


〇服や水着による部分焼けに注意

温泉や銭湯に行くと物凄い日焼けをした方がいらっしゃいますが、理想の小麦肌に部分焼けはふさわしくありません。

多少の部分焼けは仕方ないですが、歪な日焼けにならないよう当日の服装には要注意です。

〇日焼け後はお肌のケアを忘れずに

日焼けのメカニズムで紹介したように、日焼けは一種の火傷を負っている状態です。

そのため日焼け後はしっかりと体を冷やし、化粧水などで必ず保湿をするようにしてください。

日焼けのケアには年中使いたいシミ対策! がおすすめです。

最後に

今回紹介した方法は時間や手間を必要としますが、ポイントを押さえれば綺麗で美しい小麦肌を手に入れることが出来ます。

理想の小麦肌は1日にしてならず。

それではまた。

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました