自転車のペダル外しにはコツがある!僕でも分かったペダルの外し方を徹底解説

エンタメ

っちゃ!管理人です!

今回の記事では「猿頭の僕でも分かったペダル外しの方法」を紹介します。

ペダルのネジ方向は全車共通

皆さんが一番知りたいのはこの部分だと思います。

のペダルは左に回すと緩む

左のペダルは右に回すと緩む

これは、クロスバイク、マウンテインバイク、ロードバイク、シティーサイクル、子供用自転車、全ての自転車に共通です。

ペダルを外すのに必要な道具

〇ペダルレンチ

ペダルレンチ

自転車のペダルのボルトは全て15㎜なので、ペダルレンチでなくても作業は可能です。

モンキーレンチ
レンチ

ただ、100均で売っているような板スパナでは力が入らなくてペダルが外せませんし、モンキーレンチはデカすぎてボルトを掴めません。

普通のレンチなら出来ないこともないですが、どうせなら専用のペダルレンチを買った方が効率よく作業出来ます。

ペダルの外し方

普通のボルトのようにただ回すだけ…といかないのがペダルの厄介な所です。

自転車のペダルを見るとレンチを嵌めてくれと言わんばかりにカクカクとした面があるので、そこにレンチをかけます。が。

レンチを掛けるときのコツとして、ペダルの位置とレンチの向きに注目してください。

例えば左側のペダルを外すときはペダルを前方に出し、レンチは出来るだけクランクに近づけるようにします。

クランクを前に出し。
レンチはクランクに近づける。

これにもしっかりと理由があって。

一つ目は

ペダルが後方にあるとクランクが空回りして外しにくいため。

二つ目は

ペダルは回すより握った方が外しやすいため。

特に「ペダルは回すより握った方が外しやすいため 」というのは凄く大切で、これを行うだけでペダルの外しやが180度変わります。

コツを知ったところでいよいよペダルを外します…っと言いたいところですが、最後にもう一点注意してほしいこと。

ペダルが外れる時は一気に外れるので、反動で怪我をしないようにしてください。



では次こそ本当に外していきます。

コツと注意点を頭に入れて、ペダルに力を入れると…。

撮影の為持ち方が変に…。
ペダルが緩んだら後はペダルを回すだけ。

ほいっ!あっという間に取ることが出来ました!

補足:今回の記事では触れませんでしたが、ペダルを付ける時は右と左に注意です。無理にねじ込むとクランクが使えなくなってしまいます。

スポンサーリンク

最後に

僕は高校生の時にやったペダル外しでスプロケに肘をぶつけて5針縫う大ケガをしました。

今では笑いごとですが簡単な作業だからといって油断せず、気を引き締めて作業に望みましょう。

それでは楽しいサイクルライフを。

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました