【WordPress】目次下にグーグルアドセンスの広告を表示させる方法

WordPress

っちゃ!管理人です!

今回は「Table of Contents Plusの目次下にグーグルアドセンスの広告を表示させる方法」を紹介します。

※プラグインのエディターをいじるためワードプレスのバックアップを取っておいてください。作業によって生じた不具合や責任を当ブログでは負えません。この記事を参考にする際は自己責任でお願いします。

目次の下に広告を付ける必要はあるの?

目次下は読者の視線を集めやすい場所で、それはすなわち収益が発生しやすい場所です。

すべてのサイトに効果があるとは言えませんが、アドセンス広告での収益が増えない、特にPV数が多いのに収益が増えないサイトではかなり有効な手と言えます。

グーグルアドセンス以外の広告(ASP広告やアマゾンアソシエイトのバナー広告など)も貼り付けることが出来るので、グーグルアドセンスを使っていない方も是非試してみてください。

Table of Contents Plusの目次下に広告を表示させる方法

では早速作業に取り掛かりましょう。

まずはワードプレスのダッシュボード内のプラグイン項目内にある「プラグインエディター」開く。

プラグインエディターを開いたら右上の「編集するプラグインを選択」から「Table of Contents Plus」を選び「選択」をクリック。

ここからが少し面倒で、開いたTOC+のエディタから以下のコードを探してください。

$html .= ‘<ul class=”toc_list”>’ . $items . ‘</ul></div>’ . “\n”;

※エディタ内のどこかをクリックして「Ctrl+F」を押すと検索機能が使えます。僕の場合は1531列目にありました。

コードを見つけることが出来たら、そのコードを以下のコードに書き換えます。

$html .= ‘<ul class=”toc_list”>’ . $items . ‘</ul></div>’ . ‘<br />広告<br />’;

※書き換える時に他のコードを切り取ったり、誤ペーストしないように注意してください。

コードを書き換えたら、コード内にある「広告」の部分にお好きな広告コードを入れて「ファイルを更新」を選択して作業は完了です。

Table of Contents Plusの更新に注意

今回の作業でTOC+のテーマファイルに広告コードを入力してもらいましたが、それらのコードはTOC+をバージョンアップ(更新)させると消えてしまいます。

TOC+更新後に目次下の広告が消えるのは正常な動作なので、広告が消えたからと言って焦らないようにしましょう。

更新後は今回の作業と同様の作業を行うことで、再度目次下に広告を表示することが可能です。

最後に

TOC+を更新するたびにエディタをいじるのはめんどくさいですが、やり方さえ覚えてしまえばそこまで苦にはなりません。

ただ、慣れてきたからと言って油断するとプラグイン、最悪ワードプレスが吹っ飛ぶので油断はしないようにしてください。

僕も一度やったことが…。

この話はまた別の機会にしましょう。

それではまた。

WordPress
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました