アニオタの僕が『その着せ替え人形は恋をする』の魅力を全力で紹介する!

エンタメ

ちゃちゃちゃ!管理人です!

皆さん「その着せ替え人形は恋をする」という漫画はご存知でしょうか。

エ〇漫画にも引けを取らないえ〇え〇さ、それでいて超王道のラブコメ要素満載、これぞ真の青春ラブコメと言われている(僕が言ってるだけ)漫画です。

取り敢えず現在発売されている3巻までは目を通したので、えっ〇い作画に関してもちょこちょこと触れつつ作品のレビューをしていきたいと思います。

「その着せ替え人形は恋をする」とは?

雛人形職人を夢見る高校生五条新菜(ごじょうわかな)と、コスプレを作りたいと考えていた同級生の喜多川海夢(きたがわまりん)が織りなす青春ラブコメディ。

著者:福田晋一

出版社:スクウェア・エニックス

掲載誌:ヤングガンガン

「その着せ替え人形は恋をする」あらすじ

喜多川のコスプレを手伝うことになった五条は、自分とは別世界に住んでいる喜多川の自由気ままな振る舞いに困惑しながらも、コスプレ衣装を作っていく。

人形以外の衣装を作ったことのない五条であったが、無事に喜多川のコスプレ衣装を完成させ、一緒にコスプレイベントへと参加する。

そのコスプレイベントがきっかけで乾紗寿叶(いぬいさじゅな)というコスプレイヤーに目を付けられ、五条は乾にコスプレ衣装の製作を頼まれる。

その後喜多川の提案で、乾との合同撮影会が開かれることになるが…。

「その着せ替え人形は恋をする」の魅力

著者:福田晋一『この着せ替え人形は恋をする』(1巻)からの画像

クラスでも1人なことが多い五条くんとクラスの中心にいる喜多川さん。

本来なら交わることのない2人ですが、雛人形の衣装コスプレの衣装という同じ共通点から親交を深めていくところが、あり得なさそうだけどギリッギリありそうって感じでとても惹きつけられます。

喜多川さんは一見するとただのギャルに見えますが、実は自分の芯をしっかりともった素敵な女の子で、五条くんも夢に向かってひたむきに努力する誠実な男の子なんですよね。

どんだけだよ!お似合いすぎかよ!!と思わず突っ込んでしまいました。

そしてこの作品の魅力は何といっても登場人物の感情の豊かさです。

キャラの表情にバラエティがあって、嬉しい、めちゃ嬉しい、すごい真面目、めちゃ怒、ちょい怒、疑問、みたいな感じで一喜一憂じゃないですけど、読んでる方は表情が変わるたびにドキッとさせられます。

ゆるキャラっぽいコマなんかもあって、思わずフフッと笑ってしまいます。

それと作画が半端ない!!とにかくえっ〇ぃ!!

ね?やばいでしょ?一見するとエ〇漫画に見間違えそうなレベルです。

なのに真面目なシーンは全くの別物に化けます。この書き分けって普通出来ないですよね。というか俺はそれが出来る人を知らない。

福田晋一さんの経歴とかは僕知らないんですが、作画を見る限り物凄く努力した人なんだろうな~って勝手に思ってます。

それくらいキャラの表情とかポーズとか作画の書き分けが凄いです。

とにかくキャラが動いてるところを見たい

現在は原作ストック3巻までしかないですけど、原作のストックを増やして是非アニメ化してほしいです。

ネットでも話題になっている作品みたいなので、アニメ化してくれないと泣いしまいます。

ちなみに僕は観賞用と読むようでそれぞれ2巻ずつ買いました。みんなも分かってるよね(圧)

僕は喜多川さんのお友達の菅谷さんめちゃ推しなので、誰か一緒に菅谷さんファンクラブを作りましょう!!!

なんか魅力の3割も伝えきれてない気がするけど、僕の力ではこれ以上伝えることが出来ない!!

それではまた!!

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました