アニオタの僕が『政宗くんのリベンジ』の魅力を全力で紹介する!

エンタメ

みなさん「政宗くんのリベンジ」という作品をご存知ですか?

漫画は既に250万部以上売れていてかなりの人気と知名度があり、小説⇒漫画⇒アニメとどんどん躍進していってることも相まって「名前は聞いたことある!」なんて人も多いのではないでしょうか。

そんな政宗くんのリベンジの最終巻をようやく読み終わったので、漫画レビュー?的なことをしていきたいと思います。

250万部は多いようで少ない…??

政宗くんのリベンジに人気と知名度があることは間違いありません。

ただ、漫画の世界の250万部って多いようで、やっぱり少ないと思うんです。(いや普通に多いけどね)

漫画やアニメを見る人なら誰もが知っているけど、一般人には浸透していないみたいな。

なので、僕がこうしてレビュー的な記事を出すことで、少しでも読者が増えてくれたらうれしいなって。

僕一人がこんなレビュー書いたところで変わらないのは分かってるんですけど、それでもこの記事がきっかけで本を手に取ってくれたらなんか気分いいしさ!要は自己満です!

というわけで、政宗くんのリベンジ(コミック)の見どころをおすすめしていく!!

「政宗くんのリベンジ」とは?

残虐姫の異名を持つ安達垣愛姫(あだがきあき)と、そんな残虐姫への復讐を誓うイケメン真壁政宗(まかべまさむね)の青春ラブコメディ。

原作:竹岡葉月

漫画:Tiv

出版社:一迅社

掲載誌:月刊ComicREX

「政宗くんのリベンジ」のあらすじ

ただし、イケメンに限る』と誰かが言った。

小さいころ豚足のあだ名をつけられいじめられていた真壁政宗

政宗は不毛にも容姿端麗、成績抜群のお嬢様、安達垣愛姫に恋をする。

ある日、そんな安達垣に告白をした政宗だったが、政宗はこっぴどく振られてしまう。

そこで政宗は決心した。

必ずイケメンになって、今度は僕が安達垣愛姫を捨ててやるんだ



それから8年後、高校生になった政宗は誰もが振り向くイケメンとなって帰ってきた。

安達垣と一緒の学校に通うこととなった政宗は、残虐姫と呼ばれ男子たちから恐れられる安達垣に復讐するため日々奮闘していく。

「政宗くんのリベンジ」の魅力

作品の軸(安達垣さんへの復讐)がしっかりしているので、よくあるハーレムものとは別格のクオリティになっています。

政宗が他の女の子に揺れ動きそうになったりする場面も、その目的があるおかげで物語を一層深みのあるものへと昇華させていて、読者は作品によりのめりこむことが出来ます。

女の子が沢山出てくるので、一見するとハーレムものかと疑ってしまいそうになりますが、実際に読んでみるとそんなことは全然なく。むしろ純情ラブコメ?くらい誠実な内容になっています。

物語が終盤に進むにつれて政宗の目的(というより真実が明らかになる)が変わっていくんですが「まさかそんなどんでん返しが!!!」と思わず声に出してしまうような、展開が待ち受けています。

そして物語を何百倍にも魅力あるものにしているのが、Tiv先生の最高最強の作画です。

一本一本の線が非常に繊細で、見ているだけでもドキドキしてしまいます。

それと今見直してて気づいたんですが、1巻と最終巻の作画がめちゃくちゃ変わっています。

繊細さはもちろんあるんですが、リアリティがでたというか、素人がこんなこと言ったら怒られてしまいそうですが、絵のクオリティがめちゃくちゃ進化しています。

口で言ってもあれなんで、実際に比べてみました。

原作:竹岡葉月 漫画:Tiv『政宗くんのリベンジ』(1巻)(11巻)からの画像

やばくないすか!やばくないすか!!

中身はもっとすごい作画になっています。この記事を書いているときについつい最終巻を見直してしまったんですが、何度見てもこのドキドキ感が出せるのは、Tivさんの作画があってこそですね。

とにかく政宗くんのリベンジは最高って話

政宗くんのリベンジは最高なんすよ!!

出来ればちゃんと買って読んで欲しいですけど、なんなら漫喫でもいいんで一度は読んで欲しい!!読んだら分かるから!!この作品が最高で最強なことが!!

漫画だけじゃなく、小説もアニメも最高なんで是非読んで、見てください。

なんか言葉にすると魅力全然伝えきれないんだけど、すまない!!

あ!言い忘れたけど、僕の推しは小十郎なんでそこんとこよろしく!!

じゃ!終わり!!

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました