【シールはがし】テープを剥がした後のベタベタを綺麗に取る方法【超簡単】

エンタメ

っちゃ!管理人です!

○食器の裏面についている値札を剥がしたら汚くなった

○子供がイタズラで貼ったシールの跡が残っている

○シールを爪で剥がしたら傷が付いた

お湯や爪で地道にやるのもいいですが「餅は餅屋」とも言いますし、シール剥がし専用のグッズを使うのが最も安全で確実です。

っというわけで今回は「いとも簡単にシールを剥がす方法」をご紹介します。

シールを剥がす方法は1つじゃない

シールを剥がす方法には「スプレー、マジックリン、中性洗剤、ハンドクリーム、お酢、お湯」などがあり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

全部試してみた感じプラスチック等の熱に弱い素材には中性洗剤、それ以外はシール剥がしスプレーが最も効果が高いと感じました。

今回は机に貼られたシールを剥がすため「シール剥がしスプレー」を使っていきます。

シール剥がしに必要な道具

シール剥がしスプレー

基本的にどこのスプレーでも大丈夫ですが、ダイソーやセリアで売っているようなものは効果が薄いのでおすすめしません。

ボロ布

古くなったTシャツ、穴の開いた靴下、ゴシゴシと拭けるものを用意しましょう。

ヘラ

僕は金属のヘラを使っていますが、硬くて平べったい物であればなんでも大丈夫です。

作業後追記:ペットボトルの蓋がめっちゃ使いやすかったので良かったら試してみてください。

シール剥がしスプレーの使い方

今回は剥がしていくのは緩衝材を剥がした時に残った粘着テープです。

シールじゃないけどベタベタだし!

※スプレーを使うときは窓開けて換気することを忘れずに!!

では早速作業を始めていきましょう。

対象の粘着物にシール剥がしスプレーをかけて4~5分程度待機。

スプレーが浸透してきたのを見計らいヘラでゴシゴシ。

取れないときはもう一度スプレーをして溶剤を奥まで浸透させます。

するとこのようにボロボロと粘着物が落ちてきます。

大きめの粘着物が粗方取れたらスプレーを少しだけかけたボロ布で名一杯こする。

力を入れすぎると粘着物のついている素材に傷がつくことがあるので注意してください。

べたつき一つないつるっつるの完成!!

肌荒れが心配な人は対象物を水拭きしておくと安心です。

最後に

換気してやれば匂いも気になりませんし、時間もそんなにかかりません。

ものの数分で出てきしまう事なので是非やってみてください。

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました