MacBook Pro Mid-2012のメモリを16GBに増設する方法

デジタル

っちゃ!管理人です!

先日中古で購入した『MacBook Pro Mid-2012 13inch』ですが、あるソフト起動させるとガックガクに重くなることが判明しました。

このままだと仕事が出来ずに破産してしまうので、今回はメモリの増設をしていきたいと思います。

※メモリ交換によって生じた故障はAppleの保証対象外なので、自分で行う場合は十分注意してください。本記事を参考にする場合は自己責任でお願いします。

メモリーの増設に必要な物

用意するものはたった2つ!

《プラスネジドライバー》

パソコンを開けるために必要です。

普通のドライバーではなく、小さめ(精密)のドライバーを用意してください。

見ての通りネジがものすごくちっこいので、大きいドライバーを使うとネジが舐めてしまいます。

僕は携帯の画面を交換する時に買った精密ドライバーセットを使いました。

《交換用のメモリー》

今回は8GBから16GBへの増設なので、8GB×2枚のメモリを用意しました。

種類はノートPC用メモリの「DDR3 1600 PC3-12800 204Pin

僕は標準電圧を選びましたが、低電圧も利用可能です。

静電気でメモリーを壊したなんて僕の身近では聞いたことないですけど、心配な人は静電気防止手袋も用意しておきましょう。僕は使ってません。

メモリーの増設作業

準備が出来たらいよいよメモリの増設作業に入っていきます。が、その前に今現在のメモリ容量を確認しておきましょう。

MacBookProの場合はホーム画面左上のリンゴマークを押して、出てきたタブの「このMacについて」をクリックするとスペックを確認することが出来ます。

画質悪くてすみません。

スペックの確認が出来たところで、早速作業に取り掛かっていきます。

まずはMacをひっくり返して背面にあるネジ(黄色○)をすべて外します。

全部外すとこんな感じです。

※外したネジをテープでくっつけておくと、外した場所が分からなくなったり、ネジの紛失を防ぐことが出来ます。

背面部はネジのみ固定で、上に持ち上げれば簡単に外すことが出来ます。

下手にいじると壊れることもあるので、メモリ以外の場所は極力触らないようにしましょう。

メモリの左右にある小さいつまみをそれぞれ外側に押します。

するとこんな感じでメモリが浮き上がってくるので、ゆっくりと後ろに引き抜きます。

メモリが外れないときは上下左右に揺さぶると外しやすいです。

1枚目のメモリが外せたら次は2枚目のメモリ。

1枚目と同じようにつまみを外側に押すと、メモリが上に少しだけ上がってきます。

メモリの抜き方も1枚目と同じですが、2枚目は物凄く外しにくいです。

力を入れすぎるとメモリが折れたり差し込み口が壊れたりするので、優しくそれでいて大胆に抜いてあげてください。

無事に外れました。

次はいよいよメモリを差していきます。

メモリを差す時は向きや角度、窪みの位置に注意してください。

窪みの位置が合っていることを確認し、斜め45度くらいで差し込みます。

差し込みは外す時より簡単に出来るので、向きさえ間違えなければ簡単に出来るはずです。

しっかりとメモリが固定されていることを確認したら、一旦蓋を閉じて(ネジは締めない)パソコンの電源を付けてスペックの確認をします。

しっかりとメモリの増設が出来てますね。

メモリの増設を確認することが出来たら、背面カバーをネジで固定して終了です。

最後に

メモリの増設をした後にWindowsを入れたらあまりのぬるぬる具合に腰を抜かしました。

メモリの容量は作業効率に直結しますし、趣味で使っていても動作が速いのは心地いいです。

メモリとドライバーを合わせても1万円以内で交換できるので、興味がある方は是非。

追伸:背面部にあるぶつぶつがグロすぎました。

デジタル
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました