Googleアドセンスにads.txtが含まれていないサイトがあると警告をされた時の対処方法

スポンサーリンク
WordPressのすゝめ

っちゃ!管理人です!

ブログやサイトを運営している人にとっては、欠かすことの出来ない存在であるグーグルアドセンス。

収益化をしている人なら誰もが使っていると思います。

そんなグーグルアドセンスですが、管理画面を開くとこんなメッセージは出ていませんか?

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

グーグルアドセンスより

出てるぞ!なんだこれ!なんかやばそうだな!

そうです。やばいです。

「貴様の収益が減ってしまうぞぉ!」という魔の警告文です。

サイトの収益に大きな影響が出る可能性があるので、警告文が出ている人は取り敢えず対処しておきましょう。

といっても作業自体は5分もかからないほど簡単な作業です。

スポンサーリンク

ads.txtとは

そもそもads.txtってなんだ?という方もいると思うので簡単に説明をしておきます。

グーグルヘルプにはこのように書いてありますが、要は偽物の広告を貼ると収益が下がるから対策してくださいということです。

偽広告を自サイトに貼っているとどんどん評判が落ちていって、広告を買いたい人(DPS事業者)が自サイトから買ってくれなく(収益が少なく)なります。

それを防ぐために必要なのがads.txtの存在です。

このads.txtを自サイトに追加することで、良質な広告のみを自サイトに掲載することが出来ます。

それによりブログの信用度も挙がり、結果的に収益も増加するってわけです。

ads.txtの作成

まずは偽広告を排除するために必要なads.txtのファイルを作成します。

焦らずやれば誰でも出来ることなので、落ち着いてゆっくりやっていきましょう。

ads.txt作成用のエディターを用意する

ソースプログラムなんかを編集するために必要なプログラムのことをエディタと言います。

ここではads.txtを編集するために使います。

参考程度に僕のおすすめを紹介しておきます。

WindowsOS:「サクラエディタ」「Mery

MacOS:「mi」「テキストエディット

※Windowsに搭載されているメモ帳は使わないようにしてください。

サイト運営者IDを調べる

ads.txtの作成にグーグルアドセンスの運営者IDが必要なので先に調べておきましょう。

グーグルアドセンスを開いたら「アカウント」の項目をクリックし、その中の「アカウント情報」を選択すると、サイト運営者IDを確認することが出来ます。

英数字で「pub-xxxxxxxxxxxxxx」と書かれているものがサイト運営者IDです。

ads.txtを作成していく

エディタとサイト運営者IDを準備することが出来たら、ads.txtの作成に入っていきます。

僕はMeryエディタを使っていますが、どのエディタを使ってもやることは特に変わりません。

まずは用意したエディタのテキスト入力画面を開きます。

以下のテキストをエディタへ入力しますが、pub-xxxxxxxxxxxxxxの部分を自身のサイト運営者IDに変えて入力します。

サイト運営者ID以外はいじらなくて大丈夫です。

1google.com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0

※余計なスペースを入れると機能しないので、コピペミスなどに注意してください。

テキストの入力が完了したら「ファイル」の項目から「名前をつけて保存」をクリックしてファイルを保存します。


この時ファイルの名前を「ads.txt」にしておいてください。

ファイルの作成が完了したら、ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します。

プロパティーが開いたら「全般」項目でファイルのサイズを確認してください。

機能をいじったりスペルミスなどがなければ、60バイト前後のサイズになっているはずです。

Meryを使った場合は58バイトでした。

テキストの作成はこれで完了です。

ads.txtの導入

ads.txtファイルを作っても、サーバーへアップロードしないと意味がありません。

僕はXSRVERを使っていますが、他のサーバーでも手順は同様です。

ads.txtをサーバーにアップロードする

まずは「XSEVERインフォパネル」にログインします。

インフォパネルを下にスクロールしていくと、自分が契約しているサーバーの名前の隣に「ファイル管理」ボタンがあるのでクリック。

ファイル一覧にある「自分のドメインフォルダ」をクリック。

ドメインフォルダの「public_html」をクリック。

public_htmlフォルダに入ったらファイルのアップロード項目にある「ファイルを選択」をクリックして、先ほど作成した「ads.txt」を選択します。

ads.txtが選択できているのを確認したら「アップロード」をクリック。

ads.txtの追加を確認出来たら導入は完了です。

ads.txtが追加されたかを確認する

ads.txtの導入はこれで終わりですが、サイトにそれが反映されているかの確認をしておきましょう。

※グーグルアドセンスから警告文が消えるのは、ads.txt追加から48時間程度かかるのですぐには消えません。

ads.txtの導入確認方法は自サイトのドメイン名の後ろに「ads.txt」と入力することで確認できます。

僕のサイトで言えば「https://anispoblog.com/ads.txt」みたいな感じです。

検索してads.txtの内容が表示されていればしっかりと導入が完了しています。

最後に

ads.txtの影響はサイトが大きくなればなるほど強くなるので、自分の収益を守るためにしっかりと対策をしておきましょう。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました