【WordPress】投稿者アーカイブを無効化する方法【コード入力不要】

WordPress

っちゃ!管理人です!

ワードプレスのセキュリティ対策の1つとして「投稿者アーカイブの無効化」というものがあります。

投稿者アーカイブが有効のままだと、ワードプレスの管理者ユーザー名が簡単にバレてしまうため、早急に解決する必要があります。

そもそも投稿者アーカイブとは

自サイトのプロフィール画面や記事下にある名前をクリックすると表示されるページが投稿者のアーカイブページです。

名前の表示されているこのページが投稿者アーカイブページですが、注目して欲しいのはそこではなくURLの部分です。

画像ではモザイクをかけて隠していますが「サイトURL/author/ユーザー名」と書かれています。

あれ?このユーザー名…どこかで見たことありますよね?

そうです。それこそがワードプレスの管理者ユーザー名です。

こんな簡単にユーザ名分かるってやばくね?と僕自身も感じているんですが、残念ながらこれはワードプレスの仕様なので、自分で対策をするしかありません。

投稿者アーカイブに管理者名を表示させない方法

投稿者アーカイブページのやばさを知って頂いたところで、いよいよ対策を施していきたいと思います。

※今回の方法は、コードを使ってページを非表示にするのではなく、リンク先を投稿者アーカイブから別のページに変更する方法です。管理者ユーザー名を周りに知られないようにするという意味では同じですが、リンク先設定のためにSNSアカウントを1つ用意する必要があります。ワードプレスの管理画面から簡単に設定できるので、コード入力より簡単で初心者向きです。

管理人の利用環境

WordPress Version:5.2.2

使用テーマ:Cocoon

SNSアカウントを1つ用意する

投稿者名を押したときに飛ばされるページ(SNSアカウント)を用意します。

宣伝効果も期待できるので、既にSNSをアカウントを持っている方はそれを利用するのが良いと思います。

SNSアカウントを持っていないという人は、Twitterなりinstagramなりお好きなアカウントを1つ用意しておいてください。

僕はTwitterのアカウントを利用しました。

投稿者名とSNSアカウントを紐づけていく

SNSアカウントの用意さえ終わってしまえば、あとはものの1分で終わってしまいます。

ワードプレスの管理画面を開いて「ユーザー名」の項目から「あなたのプロフィール」を選択します。

プロフィールの設定画面を一番下までスクロールすると「プロフィールページURL」の項目があるので、そこに先ほど用意した「SNSアカウントのリンク」を貼り付けます。

最後に「プロフィールを更新」を選択して完了です。


プロフィールの更新が完了したら、自身のサイトで投稿者アーカイブページが表示されないか、設定したSNSアカウントに飛ぶかを確認しましょう。

もしもアーカイブページが表示されたり、リンク先のページに飛ばない場合は、リンクのコピペミスや更新ボタンの押し忘れなどが考えられるので、もう一度リンクの貼り付けを行ってください。

最後に

ネット上では数多くの犯罪者が個人情報を盗もうとしています。

しかもそういった犯罪の多くが海外から行われるため、一度情報を抜かれてしまったら最後、情報が全世界に広がり、法で裁くことも出来ません。

自分が被害に遭わないためにも、事前のセキュリティ対策を万全にしておきましょう。

WordPress
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました