『君の名は。』を手掛けた新海誠監督の最新作『天気の子』の公開日はいつ?公開前から圧倒的人気を誇る理由とは

©2019「天気の子」製作委員会 エンタメ

日本だけでなく海外でも大人気を誇る「君の名は。」を手掛けた新海誠監督の新作映画「天気の子」

今回は映画「天気の子」の公開日やその魅力をご紹介します。

『天気の子』は2019年7月19日公開

圧倒的世界観を描く新海誠監督の最新作「天気の子」は2019年7月19日に公開が決定しました。

国内興行収入が250億円を突破した「君の名は。」の大ヒットから3年。

公開前から世間の注目を一身に集める本作、果たしてその期待に応えることが出来るのでしょうか。

音楽を手掛けるのは『君の名は。』でもタッグを組んだRADWINPS

予告映像第一弾と第二弾が劇中歌とともに公開され、ネットでは既に大きな反響を呼んでいます。

映画『天気の子』予報①
東宝MOVIEチャンネルからの映像
映画『天気の子』予報②
東宝MOVIEチャンネルからの映像

本作の劇中歌を担当するのは、前作でも劇中歌を担当したRADWINPS

前作の「君の名は。」でも劇中歌を担当しており、新海誠監督が描く壮大なストーリーを音楽で表現し、国を超えて多くの人々を魅了しました。

第31回日本ゴールドディスク大賞など数々の賞を受賞、ノミネートしていて、現在もその人気は衰えることを知りません。

公開前から圧倒的な人気を誇る『天気の子』の魅力とは

”これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語”

天気の子の魅力をお話しする前に、物語のあらすじをご紹介します。

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。

映画「天気の子」公式サイトより

日常に溶け込んだSFファンタジーこそが新海誠監督の真骨頂

祈るだけで天気を変えられる能力を持つ少女と現代社会の組み合わせ。

一見すると相容れることのない組み合わせですが、新海誠監督は日常にSFやファンタジーといった要素を入れることを得意としています。

自身の過去作品である「星を追う子ども」や「ほしのこえ」などでも、SFファンタジーの要素が色濃く描かれていて、古典SFに強い影響を受けたことも公言しています。

SFファンタジー×日常という異様とも思える組み合わせは、むしろ新海誠監督の本領を十二分に発揮することの出来るジャンルということができ、前作の「君の名は。」ではその力を見事に証明して見せました。

実力派のスタッフが多数集結

原作・脚本・監督を務める新海誠はもちろん、数々の名映画でキャラデザを担当した田中将賀、スタジオジブリで大きな活躍をした田村篤などの確かな実力を持ったスタッフが集まっています。

他にも、アニメ業界では名を知らぬものはいないというほどの人間が多数参加しており、錚々たる面々です。

映画のキーパーソンである主人公とヒロインの声優が新人声優ですが、周りの声優陣が豪華であること、製作陣は実力派揃いのことを考えても、それほど問題にはならないでしょう。

予告編で聞いた感じではいい意味のでの初々しさを感じました。

新海誠監督が『天気の子』にかける想い

”実は「君の名は。」のプロモーションがとても辛くて(笑)。ふと青空を見上げると積乱雲があって。その上にある雲の平原でゆっくりしたいなと思った。”

都内で行われた「天気の子」製作発表会見で、映画「天気の子」の着想を得たのは、映画「君の名は。」のプロモーションがきっかけであったことを語った新海誠監督。

これだけでもかなり長い時間をかけて練られた構想であることが伺えますが、新海誠監督はこうも言っています。

”前作が成功したおかげで、複雑さを盛り込める立場になれた。賛否分かれる要素もある”

「複雑を盛り込める立場になれた」ということは、新海誠監督は「君の名は。」を制作した当時はそこまでの立場になかったと言えます。

そこまでの立場におらずしてあれだけの大ヒット作を生み出せたということは、そういった立場になることのできた今作では、前作を超える名作を生み出すのではないでしょうか。

『天気の子』詳細情報

作品名:天気の子

公開日:2019年7月19日

監督:新海誠

脚本:新海誠

原作:新海誠

音楽:RADWINPS

製作:「天気の子」製作委員会

制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

配給:東宝

最後に

世界的大ヒットを起こしたアニメ映画「君の名は。」を手掛けた新海誠監督の最新作「天気の子」

公開前から大きな盛り上がりを見せている本作ですが、果たしてその期待に応えることは出来るのでしょうか。

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました