自転車の反射板は義務?テールライトは点灯の必要があるって知ってた?

エンタメ

っちゃ!管理人です!

今さっき買い物から帰ってきたところなんですけど、やっぱり18時くらいの公道は自転車無法地帯と化しますね。

腹をたてないようにしてはいますが、それでも飛び出しや無灯火を見るとちょっぴり悲しい気持ちになります。

今回はそんな自転車の「尾灯」についてお話しします。

軽視されがちな尾灯ですが、夜間の走行で尾灯があるのとないのとでは安全性に雲泥の差が生まれます。

自転車は軽車両

尾灯について入る前に、自転車の交通法上の立ち位置についてお話しします。

自転車は交通法上軽車両になります。

ここで重要なのは軽の部分ではなく、車両の部分です。

要は、自転車も自動車と同じ一種の車両あるということを覚えておいてください。

免許もいらず、手軽に乗れる。

そういったことから甘く見てしまう人が多い自転車ですが、実は自動車と同様に交通規則が定められていて、取り締まられれば交通切符も交付されます。

尾灯は反射板でもテールライトでも大丈夫

自転車の尾灯について考え始めた人が一番最初に躓く部分です。

結論から言いますと、尾灯は「反射板」でも「テールライト(リアライト)」でも後方から確認することさえ出来れば大丈夫です。

道路交通法にはこうあります。

車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

道路交通法 第五十二条より

自転車の運転者は、夜間(第五十二条第一項後段の場合を含む。)、内閣府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。ただし、第五十二条第一項前段の規定により尾灯をつけている場合は、この限りでない。

道路交通法 第六十三条の九 2項より

要は、反射機材をつけていない自転車は運転してはいけません。しかし、テールライトを点灯させている自転車だったらいいですよ~。ということです。

次項では主にテールライトの説明をしていきますが、現在反射板で済ませている人は安全意識の向上も兼ねて覗いてみてください。

尾灯は暗い場所や夜間での点灯が義務付けられている

上記の条文で気になるのはやはり「夜間」という部分です。

夜はライトの点灯が義務ですよ~ってことなので、逆に考えると夜以外はつけなくていいと捉えられやすいんですが、その他にも前方の視界が十分に確保できない場合、具体的にはトンネル内や霧の中などではライトの点灯が義務付けられています。

つまり夜間だけでなく、暗い場所を自転車で走行する場合も尾灯の点灯が必須になるわけです。

反射板をつけている場合はそれで大丈夫です。

尾灯は点滅ではなく点灯が義務付けられている

よく勘違いされてしまうことなんですが、テールライトは「点灯」が義務付けられています。

点灯は常にライトが付いている状態のことです。

なので、スポーツ自転車によく見かけるテールライトが点滅のみの走行はアウト判定です。

でもあれです。点滅の方が絶対に安全なんですよね。

これは僕自身ロードバイク乗っているので断言できます。

点滅の方が安全なのに、法律では点灯が義務になっている。

中々判断に困るところではありますが、尾灯の点滅が原因で警察に取り締まられることはまずありません。

いわゆるグレーゾーンと呼ばれるものですが、警察もその方が安全性を確保できることは理解しているので、基本は何も言ってきません。

ただ、本来は点灯が義務なので、指摘された場合に文句は言えないということだけ覚えておいてください。

まとめ

尾灯はテールライトの点灯、もしくは、反射板の装着が義務付けられている

尾灯は夜間だけでなく、暗所を走行する場合にも点灯する義務がある

尾灯の点滅はグレーゾーンだが、道路交通法上は点灯が義務付けられている

上記のことが今回のまとめとなります。

自転車は時として凶器になりうる乗り物なので、お互いにルールを守って安全運転を心がけましょう。

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました