幅寄せや信号無視、煽り運転常習犯の路線バスに殺されかけた話

スポンサーリンク
乗り物
引用:Wikipedia - 東武バス

こんにちは! 自転車大好きマンの管理人です!

突然ですが、僕は今、とても怒っています。人生ではじめて怒り狂っています。

原因はズバリ、”路線(東武)バスの煽り運転”です。

ことの発端はついさっき、会社に向かうために自転車で走っていた所、東武バスに悪質な幅寄せをかけられ接触しました。怪我はしてませんし、警察にも通報してないので事故と呼称することは出来ませんが、僕の中では立派な事故、むしろ人生ではじめて死の恐怖を感じたので、殺人未遂、事件です。

ちなみに、僕の記事を読んでくださっている方ならご存知かと思いますが、僕は道路交通法を十数年守り続け、無事故、無違反を保持し続けている超安全運転な人間です。周りへの注意・配慮を欠かさず、キープレフトを守り、速度も出し過ぎない、これをずっと守り続けています。

これだけ頑なに法律を守ってきた人間に対する仕打ちが、今回の悪質な幅寄せです。

今まで東武バスの悪質運転には目を瞑ってきましたが、もう我慢の限界です。僕がされた幅寄せも含めて東武バスの悪行を暴露(という名の愚痴)し、東武バスに一矢報いてやります。

※本稿は管理人が実際に体験した事実のみを述べており、誇張や改ざんなどの事実改変は一切ありません。また、本稿は東武バスの在り方に異を唱えるのが目的であり、バスのドライバーや営業所などの個人情報を第三者に特定させる意図がないことをここに宣言します。

スポンサーリンク

ワイ、東武バスに幅寄せされて殺されかける

早速ですが、状況はこんな感じ。

上記の図を見ていただければ一目瞭然ですが、ぶっちゃけこれを避けた(肘ぶつかったけど)のは我ながら神だと思ってます。それくらいこちらを意識した悪意のある幅寄せでした。

まず目の前の信号が赤なのに追い越しをかけてくるのがあり得ませんよね。対向車がいなのはこちらも確認していますが、目の前の信号が赤なら対向車の有無に関わらず追い越しは諦めるべきです。こんなの免許持ってなくても分かるよね。

次に地形問題です。実は、幅寄せをされた信号を超えてすぐの所の道は開けていて、バスが余裕を持って追い越しが出来るようになってるんです。路線バスなので、当然そのことも知っています。つまり、無理に追い越さなくてもすぐに、かつ、安全に追い越すことが出来るポイントがあるんです。

にも関わらず、あの東武バスのク〇カ〇ドライバーは追い越しをかけてきたんです。これってつまりどういうことかと言いますと、あの東武バスのドライバーは故意(わざと)に幅寄せしてきたってことです。理由は知りませんが、どうせ自転車は邪魔だとかそんなくだらない理由でしょう。

ちなみに、バスの前をちょろちょろ走っていたわけじゃありませんからね。適時ミラーで後方確認をしていましたが、バスの存在を確認したのは幅寄せされた信号付近(しかも距離はかなりあった)だったので、それまでのバスは僕が目視でも視認できないくらい後方を走っていたと思われます。

信号無視、煽り運転の常習犯が多数在籍する東武バス

取り敢えず、先ほどの幅寄せの件で東武バスがヤバいのは分かってくれたと思いますが、東武バスの犯罪を見たのは今回だけではありません。

仕事帰り(21時くらい)に信号無視をする東武バスを腐るほど見てますし、横断歩道を渡る中学生?高校生?に対してクラクションを鳴らしているのも見たことがあります。僕がバイクを運転している時に煽られたこともあります。

信号無視はどんな理由で? 横断歩道を渡る高校生にクラクション鳴らすのは? 流れに沿って走るバイクを煽るのは?

一体どんな理由があってやってるんでしょうかね、東武バスさん。

ちなみに、高校生に対するクラクションと今回僕がされた幅寄せ(信号無視のやつも探せばあると思います)の映像はガッツリキッカリ撮影しているので、欲しかったら言ってくださいませ。ナンバーにモザイク加工をする形にはなりますが、提供させていただきます。

故意であることは絶対に認めないのが東武バス

そんでもって、今回の件がきっかけで東武バスに苦情を入れました。

苦情の内容は今までの悪行全てで、今回の幅寄せはもちろん、信号無視も煽り運転も全て言いました。怒りをこらえて、ひたすら深呼吸しながら冷静に。

そして返答は、「バスのドラレコを確認したら確かにうちのバスが幅寄せする形になっていた。教育が行き届いてなかった。ごめんなさい。でもわざとじゃないよ、本当にわざとじゃないよ」ってことでした。

し~か~も~、謝罪はたった1回だけで、わざとじゃないんだよ~ってことをこれでもかってくらい言ってきました。考えてみれば当たり前ですよね。故意であると認めた時点で事故でなく犯罪になってしまいますから。

でも! 僕はたった1回の謝罪じゃ満足出来ません! 僕欲張りだし、殺されかけたし! それに僕にはドラレコ(アクションカム)という秘密兵器がある!

ってことで、お次は「ドラレコの映像を送るから、それを見て肘の接触と過失の有無を確認して正式に謝罪してほしい。それが出来ないなら警察に被害届を出す」とお話をしてみました。

向こうもまさか自転車にドラレコがついてるなんて思わなかったらしく、電話先の人が変わってもっと偉そうな人が電話に変わりました。

相手の返答を要約するとこんな感じ、「ドラレコの映像を送ってもらえば内容は確認する。でも、警察への被害届はゴニョゴニョ…(被害届は出せないみたいなことを口から出まかせで言っていた)」。

対して、「被害届は出せます。ドラレコに肘がぶつかってるのガッツリうつってますから」と何回か同じ会話を繰り返しているうちに向こうが妥協案を提案してきました。

下記が提案された妥協案です。

1.会社から正式な謝罪文を書面で送る
2.当該ドライバーに手書きの反省文を書かせてそれも同封する
3.故意でなかったことは理解してほしい

4.本当に申し訳ないことをした
5.被害届は勘弁して←直接は言ってないが遠回しに言われた

これ以上やると僕が悪者になりかねないので、ここで折れ(提案を受け入れ)ました。

仕方ない、許します。めっちゃ怖かったし死ぬかと思ったけど許します。

ってことで、ひとまず東武バスとのお話は終わりました。

ただ、みなさんもお気づきかと思いますが、東武バスは最後まで故意であることを認めませんでした。

犯罪になってしまうから仕方ない気もしますが、僕的には故意であることを認めて謝罪してほしかった。それさえしてくれれば僕がこうして記事にすることもなかった。

「面倒だから形だけ」

そんな雰囲気がひしひしと伝わり東武バスとの問題は凄くモヤモヤしたまま幕を閉じました。

大型車の運転手さんは良い人ばっかだよね

はい、というわけで、今回はエンタメと全く関係ない管理人の愚痴記事になってしまいました。

最後に、この記事を見て勘違いしてほしくないんですが、僕はバスやトラックのこと嫌いじゃありません。むしろ大好きです。

あの圧倒的な存在感とか排気ブレーキの音とかたまりませんし、観光地で気さくに話しかけてくれる大型車のドライバーさんも大好きです。道を譲ってハザードたいてもらった時なんかヒャッハー状態です。

ただ、今回の件に限って言えば、僕は東武バスの当該運転手のことが嫌いです。道はみんなの物、自転車乗りがよく使う言葉では「SHARE THE ROAD」ですが、本来道路はみんなで共有するもののはずです。

それを、「自転車はトロくて邪魔だから」「こっちは仕事だから」と身勝手な理由で捻じ曲げて、挙句はこちらにぶつけてこられるのは非常に不快です。この記事を見て「自転車なんて邪魔なだけだろ」と思った方は是非とも道交法とSHARE THE ROADの精神を学んでください。

ともあれ、現日本でSHARE THE ROADが難しいことは重々承知です。本来当たり前のことが当たり前にならない日本。僕の声なんて非常に小さく道端に転がる砂利のようなものですが、この記事を見て少しでも”当たり前”を伝えられたなら幸いです。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました