【ダンベル何キロ持てる?】筋肉モリモリマッチョマンが山ほど登場する筋トレコメディ【アニメレビュー】

スポンサーリンク
アニメレビュー
©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

こんにちは!うっしー(@anispo_ussy)です!

今回は、アニメ「ダンベル何キロ持てる?」の感想考察レビューをしていきます!

スポンサーリンク

ダンベル何キロ持てる? あらすじ

『ダンベル何キロ持てる?』本PV

高校二年生の紗倉ひびきは、ある日ダイエットのため一念発起。近所のスポーツクラブ、シルバーマンジムの見学に訪れる。だがそこは、プロの格闘家やアスリートが通う超ハイレベルのガチなトレーニングジムだった。果たしてひびきのダイエットは成功するのか。そして行く手には、どんなトレーニングが待ち受けているのか?!

引用:アニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト – STORY
原作原作:サンドロビッチ・ヤバ子
原作作画:MAAM(小学館「ダンベル何キロ持てる?」)
放送日2019年7月~9月
話数全12話

ダンベル何キロ持てる? 女子高生がヒロインだからって甘く見てない?

©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

「筋トレ×女子高生って…どうせお遊びでしょ?」

僕も作品を見る前はそう思っていました。

けれど今なら断言出来ます。(割と)ガチです。

というのも、原作者のサンドロビッチ・ヤバ子先生はフルコンタクト空手やブラジリアン柔術などの経験があり、筋トレとは違いますがトレーニー的な経験を直に持っています。それ故に作品で描かれている筋トレの内容にもしっかりとしたリアリティがあり、専門の知識を持っている人間も違和感を受けない作品構成になっています。

ダンベル何キロ持てる? 筋トレやってみる?

©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

「筋トレやってみる?」

そんな他愛もない問いを聞くまでもなく、既に筋トレを始めてしまっている。

それが、ダンベル何キロ持てる?という作品の魅力であり、魅惑です。

本作は巷で”見るプロテイン”と呼ばれており、トップビルダー&フィジーカーから多くの支持を得ています。

それは一重に筋トレがテーマになっていることだけでなく、筋トレに興味のない人、知識のない人が”安全に筋トレを楽しめる”ような作品だからです。

この”安全に”の部分が非常に重要で、バキのようなガチムチ系筋肉作品とはまた違った性質を持っています。

バキが筋肉の極限を見せている作品なら、ダンベル何キロ持てる?は筋肉の在り方を見せているような。

こればっかりは実際に作品を視聴しないと分からないと思いますが、筋トレをテーマにしながらも一般大衆向けのツボを押さえた作品なので、よっぽどのこだわりがなければ大抵の人が(筋トレにも作品そのものにも)ハマると思います。

ダンベル何キロ持てる? ファイルーズあいさんの名演技

©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

本作のヒロインである紗倉ひびきに声をあてたファイルーズあいさんは新人声優さんなんですが、あまりの名演技に新人的な雰囲気を微塵も感じさせません。以前あそびあそばせで一躍有名人になった小原好美さんが現在多くの作品から引っ張りだこになっているように、ファイルーズあいさんも恐らくそうなります。

2020年度に公開予定の推しが武道館いってくれたら死ぬのヒロイン、えりぴよ役に抜擢されていますし、今期のアニメが終わり次第ふぁいるーずあいさんは引っ張りだこになるのではないでしょうか。

余談が多くなってしまいましたが、つまりはそれだけの素晴らしい実力を持っているということです。初のヒロイン役でありながらネット上で多くの称賛を浴びたファイルーズあいさんの名演技に注目です!

ダンベル何キロ持てる? 成功でもあり失敗でもある原作改変

©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

実は、ダンベル何キロ持てる?の原作漫画の舞台はアメリカなんですよね。しかし、アニメ版の舞台はしっかりきっかり日本になっています。

これこそが素晴らしき筋トレアニメにも関わらず賛否を読んでいる原因で、舞台を変えることは原作の意図を全て変えてしまうほどに凶悪的な改変です。

当然ながら原作ファンは怒り心頭、レビューを荒らしまくっています。

僕自身も批判とまではいかないまでも「原作改変ってどうなんだろ…」くらいの気持ちがやはりあります。

ただ、もしも原作通りにアメリカを舞台にしていたらダンベル何キロ持てる?という作品はここまで流行らなかったと思うんですよね。

トレーニーの聖地である本場アメリカを舞台にすることは原作ファン、もとい、筋トレ好きには堪らないことです。しかし、それはすなわち一般視聴者層、つまりは筋肉や筋トレに興味がない人間を遠ざけることに繋がります。

日本は筋トレを楽しむ文化というのがまだまだ普及していませんから、そういった意味で日本を舞台にして筋トレをより親しみやすいものにしたことは成功と言えます。ただ、原作漫画の魅力であった舞台そのものを変えてしまうのも個人的には疑問が残ります。

これは作品を娯楽的なコメディーアニメとして見るのか、それとも純粋な筋トレアニメとして見るかのニュアンスの違いだと思うので、どちらが正しいとかはないんでしょうね。

物凄く曖昧な言い方をしましたが、これは褒めてるわけでも貶してるわけでもないの悪しからず。

ダンベル何キロ持てる? 動画工房の描くマッチョな作風

©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

ここまでダンベル何キロ持てる?が如何にマチョマチョしい作品であるかをお話ししましたが、それらすべてを実現しているのが、初々しく繊細、それでいて大胆さを持つ動画工房の作風です。

動画工房は風のナウシカやポケモンの作画を担当、自社オリジナル作品を制作するなど高い作画力を持っており、キャラクターに”自然な動き”をつけることを得意としています。

ダンベル何キロ持てる?のメインテーマでもある筋トレは動作が一つ違うだけで体を故障させる原因になりますから、より繊細で読者に誤解を与えないシビアな作画はまさに動画工房様様です。

筋肉特有のマチョマチョしさを演出しつつ、視聴者が置いてきぼりをくらわないよう適度な日常を取り入れる。筋トレのフォーム作画から演出、構成に至るまで何もかもが素晴らしい出来栄えでした。

ダンベル何キロ持てる? 音楽すらもが筋トレをしろと囁いてくる

先ほど、ダンベル何キロ持てる?は”見るプロテイン”であると言いましたが、本作は見るだけでなく”聞くプロテイン”でもあります。

OPとEDを聞き終える頃にはパンプアップが完了していること間違いなし。

お願いマッスル

ダンベル何キロ持てる?のオープニングテーマで、紗倉ひびき(CV:ファイルーズあい)&街雄鳴造(CV:石川界人)が歌う「お願いマッスル」。

さい、さい、さい、はいっ!サイドチェストーっ!!

マッチョアネーム?

ダンベル何キロ持てる?のエンディングテーマで、街雄鳴造(CV:石川界人)が歌う「マッチョアネーム?」。

保育士フィジーカー…うっ、頭が…!!!⇒詳細は「マッチョアネーム?/Muscle Video」を確認してみよう!

ダンベル何キロ持てる? スタッフ&キャスト

原作:サンドロビッチ・ヤバ子
原作作画:MAAM(小学館「ダンベル何キロ持てる?」)
監督:山﨑みつえ
シリーズ構成:志茂文彦
脚本:志茂文彦
キャラクターデザイン:菊池愛
プロップデザイン:中島千明・松本恵
美術監督:杉浦美穂
色彩設計:真壁源太
撮影監督:伊藤邦彦
イメージグラフィックデザイン:桒野貴文
編集:武宮むつみ
音楽:橋本由香利
音響効果:白石唯果
キャスティングマネージャー:谷村誠
アニメーション制作:動画工房
製作:シルバーマンジム

紗倉ひびき(CV:ファイルーズあい)
奏流院朱美(CV:雨宮天)
街雄鳴造(CV:石川界人)
上原彩也香(CV:石上静香)
ジーナ・ボイド(CV:東山奈央)
立花里美(CV:堀江由衣)
愛菜るみか(CV:戸松 遥)
呉夜叉(CV:大原さやか)
出入苦多朗(CV:吉野裕行)
ジェイソン・スゲエサム(CV:中村悠一)
ハーンノルド・ドゲゲンチョネッガー(CV:玄田哲章)
ナレーション(CV:玄田哲章)

ダンベル何キロ持てる? まとめ

レビュー記事を書くために改めて全話視聴しましたが、やはり爽快感とあのムチムチ感がたまりませんね。

どうせならゴリムチのまま突っ走って下手なエロ要素は入れないで欲しかったですが、そういったマイナス点を補って余りある魅力がこの作品にはあります。

ネット上で”見るプロテイン”と騒がれていたので気になってはいましたが、これは確かに見るプロテインです。

筋トレ問わずアニメ好き×トレーナーであれば間違いなくハマるので、みなさんも是非、「ダンベル何キロ持てる?」を見てみてください。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました