ブログ開設から2週間でグーグルアドセンスに一発合格する方法

WordPress

あにすぽの管理人です!!

ついさっきメールを確認したらGoogleAdsense合格のメールが来てました。

ブログを開設したのが5月27日で、申請したのが5月30日、合格のメールが6月9日なので、開設から2週間で合格した形になります。

お金がなくてブログ開設出来なかった1か月で、ブログについて下調べしまくったのが功を奏しました。素直に嬉しいです。

今回はブログ開設から2週間でグーグルアドセンスに合格する方法をご紹介します。

アマゾンアソシエイトの審査も同時にしておくと収益化がより進みます。

そもそもグーグルアドセンスとは?

akizouによるphotoACからの画像

この記事を見てくれてる人で、グーグルアドセンスについて知らない人はいないと思いますが、一応グーグルアドセンスの定義を載せておきます。

サイトから広告による収益を得られる 「Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

できるネットより

よく言われるグーグルアドセンスの審査基準

toraemonによるphotoACからの画像

◎独自ドメインを取得しているか
そのサイト独自のドメインを取得しているか。このサイトで言えば「anispoblog.com」があるか。

◎一定のコンテンツ数があるか(記事数)
サイト内に十分な記事(15~30記事)があるか。

◎一定のコンテンツ内ボリュームがあるか(文字量)
サイト内のコンテンツに十分なボリューム(3000文字前後)があるか。

◎ポリシー違反をしていないか
グーグルアドセンスには禁止コンテンツが設定されており、そういったコンテンツを自分のサイトに掲載していないか。

◎著作権違反をしていないか
画像や音楽などを無断で転載したり、引用していないか。

◎コンテンツに有益性があるか
そのサイトに掲載されているコンテンツが、誰かの役に立つものであるか。

◎更新がされているか
記事の投稿や更新が頻繁にされているか。

上記が一般的に言われているグーグルアドセンスの審査基準ですが、これらをすべて満たす必要はないということを僕のブログが語っています。

次の項で、上記の審査基準と僕のブログを比べてみたいと思います。

審査基準と僕のブログと比べてみる

◎独自ドメインを取得しているか

グーグルアドセンスへの申請は独自ドメインが必須になっているので、嫌でも取得することになります。僕は「お名前.com」というドメイン販売サイトで契約しました。

ドメインには「.comや.net」だったり色々な種類がありますが、どれを選んでもアドセンス審査への影響はないので、自分の好きなドメインを選びましょう。

僕は値段で選びました。

◎一定のコンテンツ数があるか

申請時の記事数は2記事、合格時の記事数は12記事で全然ないです。

最低ラインと言われている15記事すらないですが、その代わりにジャンルを絞りました。

僕のブログはアニメ、ロードバイク、ブログ運営、暮らしの4つジャンルがありますが、1つのジャンルに力を入れていることをアピールするためにロードバイクの記事を多めにしました。

ジャンルを絞るという行為が意味のあるものかは分かりませんが、そのサイトの信憑性を高めるという意味でも、ジャンルを絞っておくのは有効な手だと思います。

◎一定のコンテンツ内ボリュームがあるか

SEO対策で厚みのある記事を書いたのが、いい方向へ転がったみたいです。12記事の平均文字数は4268文字だったので、審査基準と言われる1記事3000文字より1000文字多いくらいです。

始めの方に投稿した記事の文字数は10000文字くらいあったので、そういった記事が評価されたのかもしれません。

数打てばあたるなんて言いますが、アドセンス審査においてはまずあたらないので、下手に記事を量産するよりは、1つの記事の内容を濃くしていくのが良いと思います。

2019/6/26追記:1つの記事に10000文字は多すぎるので、文字数は5000文字を超えない程度にすることをおすすめします。

◎ポリシー違反をしていないか

どういったサイトが違反対象になるのかは色々な意見がありますが、アダルト系のサイトや下品な単語を使っているサイトは審査に通りにくいそうです。ちょっとした単語が違反になったりすることもあるそうなので、そういった単語は使わないでおきましょう。

◎著作権違反をしていないか
画像や動画の転載、文章の引用は審査が終わるまでするなっていうのが常識らしいんですが、僕は全然知らなくて画像も文章もジャンジャン引用しちゃいました。

恐らくなんですが、引用や転載するときのやり方を見ていると思われます。他の記事を見て頂けば分かると思うんですが、画像の下に出典元を載せたり、文章を引用するときも引用したことが一目で分かるようにしています。

そういった引用や転載のルールをしっかりと守っていれば、特に問題になることはないはずです。

◎コンテンツに有益性があるか

これはかなり重要な項目だと思います。僕の記事を見ると「○○おすすめ〇選!」みたいなのが多いんですけど、それが結果的に「おすすめ記事=有益な記事」みたいになったんだと思います。

◎更新がされているか

関係あるのかどうかは分かりませんが、僕は本業の合間にずっと加筆修正をしていたので、更新は随時されている状態になっていたと思います。記事は1日1~2記事を目安に投稿していました。

SEO対策の一つに、更新頻度を上げてドメインの有効性を高めるというものがあるので、アドセンス審査にも更新の要素は重要になってくるのかな?

正直更新についてはよく分からないですが、審査中くらいは頻繁に更新しておいた方がいいと思います。

SEO対策すれば審査は通る…と思う

photoBによるphotoACからの画像

色々と言ったんですが、そんなの結果論でしかないんですよね。

審査に通った時たまたまそうだっただけです。審査基準やら審査の通り方やら難しいこと言ってますけど、それこそ世界中の研究者集めてようやく考えがまとまるような、際限のないことだと僕は思います。

だからよく分からない人は取り敢えず「SEO対策」してみてください。

SEO対策というのはネットで情報を検索した時に、自分の記事を出来るだけ上の方に持っていくための対策をすることなんですが、SEO対策についての勉強をしていけば自然と記事数もボリュームも増えていきますし、画像や文章の引用方法についても勉強することになります。

ぶっちゃけいうと、僕はSEO対策しかしてないです。

ただ、それしかしない代わりに、時間はめちゃくちゃかけました。下調べに1か月近くかけましたけど、多くがSEO対策の勉強です。1か月下調べして、それを1週間で実行する。簡単に聞こえるかもしれませんが、意外に大変です。

それでも、多くの運営者はその道を通って審査合格をもぎ取っているはずなので、勉強の意味も込めてSEO対策に時間を注いでみる価値はあるはずです。

まとめ

みかんこによるphotoACからの画像

◎出来うる限りのSEO対策をする

◎グーグルアドセンスポリシーに自分のブログが抵触していないかを確認する

「まとめすぎやっ!」って言われるかもしれませんが、取り敢えず上の二つを意識すればアドセンス審査は通過できるはずです。

WordPress
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました