【その着せ替え人形は恋をする 第2巻】雫たんの衣装を完成させた新菜が海夢とドキドキコスプレデート【マンガ感想考察レビュー】

スポンサーリンク
マンガ
引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

こんにちは。うっしー(@anispo_ussy)です!

今回は、『その着せ替え人形は恋をする 第2巻』の感想考察レビューをしていきます!

第1巻の記事はこちらからご覧になれます。

スポンサーリンク

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-あらすじ

雛人形職人を目指す高校生、五条新菜(ごじょうわかな)は、ある日、ひょんなことからクラスメイト、喜多川海夢(きたがわまりん)にコスプレ衣装製作を依頼される。

海夢の思いに答えるべく必死に衣装製作を進める新菜であったが、コスプレイベントが僅か2週間後に迫っていることを知り新菜は愕然とする。

「間に合わないかもしれない」

最悪の結果が脳裏をよぎる中、それでも新菜は懸命に衣装製作を続ける。しかし、そんな折に実の祖父が倒れ、新菜は精神的に追い詰められてしまう。

工房の見学案内も重なり、いよいよ衣装製作が頓挫しようかという時、新菜は海夢の笑顔を思い出す。

圧倒的に足りない時間、折れそうな心。

果たして新菜は衣装を完成させることが出来るのか。

著者 福田晋一著「その着せ替え人形は恋をする」ヤングガンガン
出版社 スクウェア・エニックス
巻数 既刊3巻(2019年9月30日現在)

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-新菜くん盛大な勘違いをする

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

第2巻の序盤で、新菜くんは盛大な勘違いをしてしまいます。

「コスプレイベントが2週間後にある」

実際はコスプレイベントが2週間後にあるというだけで、そのコスプレイベントに参加する必然性は海夢ちゃんにはありません。

しかし、新菜はそれを「海夢ちゃんが2週間後にあるコスプレイベントに参加する」と勘違いし、寝る間を惜しんで、それこそ最後は涙を流しながら衣装の製作をしていました。

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-無事に衣装が完成する

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

おじいちゃんが倒れ、工房の見学案内もしなければいけない。

衣装製作の終盤は涙を流していたくらいですから、精神的に追い詰められていたのは間違いありません。

常人ならここで諦めてしまいそうなものですが、新菜くんは海夢さんの笑顔の為だけにやり切りました。

そう。それが勘違いであるとも知らずに…。

と言っても、新菜くんに勘違いをさせてしまったのは海夢ちゃんなわけで、自分の言葉足らずで新菜くんに無理をさせてしまったことに気付いた海夢ちゃんはこれでもかってくらい涙を流します。

けれど新菜くんはそんなことを気にする小さい男ではありません。

泣きじゃくる海夢ちゃんに「嬉しくなかったですか?」と問いかけ、海夢ちゃんはそれに対して最高の笑顔で答えます。

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

この笑顔…120点!!!

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-海夢ちゃんが性奴隷(雫たん)になる

色々とゴタゴタはありましたが、無事に衣装は完成し、勢いで衣装を試着することになります。

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

きゃわうぃぃぃぃぃぃー!!!

現実のコスプレは加工ありきって所がありますけど、海夢ちゃんは元がとんでもなく可愛いですからね。加工なんて必要ないほどの可愛さです。

にしても、いくらレイヤーとは言え、高校生でこの会話はやばくないですかね。

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

新菜のおじいちゃんが聞いたら今度こそ逝ってしまいそう。

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-コスプレイベントに参加する

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

試着を済ませ更に勢いづいた海夢ちゃんは、明日のコスプレイベントに一緒に参加することを提案します。

一瞬は渋った新菜くんですが、海夢ちゃんの勢いに押され、一緒にコスプレイベント、もとい、コスプレデートをすることになりました。

コスプレイベント当日、会場で撮影を求められ大はしゃぎする海夢ちゃん。そして、そんな海夢ちゃんの笑顔を見てトキメク新菜くん。

幸せそうで羨ましい…と僕が干渉に浸っていると、次の瞬間、海夢ちゃんが衝撃の一言を放ちます。

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

胸にヌーブラを2枚重ねにして着けたことで衣装が脱げそうになり、衣装の生地が厚いために熱中症になりかかっている。

すぐに会場を離れ、新菜くんが海夢ちゃんの介抱をします。

新菜くんの介抱で落ち着いた海夢ちゃんは、待たせていた女性の元に戻って撮影に応じ、コスプレイベントを後にしました。

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-海夢ちゃんが新菜への恋心に気付く

無事にコスプレイベントを終えた海夢ちゃんと新菜くん。

これでひと段落…と思いきや、海夢ちゃんが新菜に恋をしたことが発覚します。

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

ビックリしました。彼(彼女)らがまだ付き合っていないかったという事実に。

折角良い雰囲気なので是非このまま付き合って欲しいですが、新菜くんは自分に対する評価が低い節がありますからね。新菜くんと海夢ちゃんが付き合うにはもうちょっと時間がかかりそうです。

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-海夢のライバルになるであろう女の子が登場

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

第2巻のラストで、新菜くんの家の前に雨に濡れた新たな女の子が登場します。

恐らく第2巻の中盤で出てきたこの子と同一人物ですが、セリフがほとんどないので今の所は性格の悪そうな腹黒ロリとしか言えません。

引用画像-©2018 Shinichi Fukuda

タイミングから見て海夢ちゃんのライバル的存在(多分この子もレイヤーだよね)である可能性が濃厚だと思いますが、一体何の目的で新菜の前に姿を現したんでしょうか。
物語の流れをみると新菜に衣装を作ってほしいとか?それとも新人レイヤーの海夢ちゃんを潰しに来た?
何にせよ次巻では波乱が巻き起こりそうな予感…。

その着せ替え人形は恋をする 第2巻-まとめ

以上、マンガその着せ替え人形は恋をする 第2巻』の感想考察レビューでした!

こちらの作品は「次にくるマンガ大賞2019」で6位を獲得した実績ある作品で、TSUTAYAなどの書店で特設ブースが組まれる程注目度が高い作品です。

僕のレビュー記事でどこまで作品の魅力を伝えられているかは分かりませんが、皆様がこちらの作品を手に取るきっかけになっていれば幸いです。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました