【感動必至】おすすめアニメソング5選【2019年版】

エンタメ

元号が平成から令和へと移り変わり、多忙な日々を送られていることと思います。

今回は、新生活を頑張っているみなさんが感動すること間違いなしのアニソンをおすすめしていきます。

その曲が使われているアニメもご紹介しますので、アニメと合わせてお楽しみください。

Shadow and Truth-ONE Ⅲ NOTES

TVアニメ「ACCA13区監察課」のオープニングテーマ。

各国の実力派アーティストが揃う「ONE Ⅲ NOTES」によって作られたが、その実、アニメの本編音楽を担当している高橋諒が、このアニメのために結成したスペシャルユニットである。

ラッパーとボーカルという異色な組み合わせは、作品への高揚感をより鮮明なものにし、作品内で次々と巻き起こる事件をより重みのあるものに、主人公ジーンの存在をより大きいものへと昇華させる。

シュガーソングとビターステップ-UNISON SQUARE GARDEN

TVアニメ「血界戦線」のエンディングテーマ。

若い世代から高い支持を得ている「UNISON SQUARE GARDEN」
アニメとのタイアップで起用され、作品との相性は120%を軽く上回る。エンディングでは、秘密結社ライブラとその仲間たちが愉快な踊りで締めくくっている。

ブルーバード-いきものがかり

TVアニメ「NARUTO」オープニングテーマ。

国民的音楽グループの「いきものがかかり」
数多くのアニメに楽曲が起用され、この「ブルーバード」もその一つである。

NARUTOはテーマ曲を度々変えているため、楽曲が使われたのは54~77話と短期間であったが、「NARUTO」の壮大な世界観を表現し、聴くものすべての心を魅了した。現在も多くの人がその力に魅了され、また一人、また一人とファンが増え続けている。

残酷な天使のテーゼ-高橋洋子

アニメ「エヴァンゲリオン」のテーマソング。

高橋洋子が歌う「残酷な天使のテーゼ」
世界中で知らないものはいないと言われる世界的アニメ「エヴァンゲリオン」のエンディングテーマに起用されたことがきっかけで、今や本編と並んで人気の高い楽曲となった。

圧倒的な世界観をもつエヴァンゲリオンと、他の追随を決して許さない高橋洋子のタッグは、国境を超えてあらゆる人に親しまれる。今も多くのカバーやアレンジ曲が出されている。

サムライハート(Some Like it Hot!!)-SPYAIR

TVアニメ「銀魂」のエンディングテーマ。

メンバー全員が愛知県出身の4人組ロックバンドSPYAIRの「サムライハート」
グループ結成当時は重いロックをやっていたが、現在はロックジャンルの様々な要素を掛け合わせ、ロックを知らない人でも馴染みやすい音楽性を持っている。

銀魂「四天王編」はいつもの銀魂とは違うシビアな内容になっていて「サムライハート」と相性が悪いように思えたが、多くの人の涙腺を刺激し、作品の虜にした。

エンタメ
フォローする
スポンサーリンク
あにすぽ
タイトルとURLをコピーしました