WEBライターをしている僕が在宅ワークのメリットとデメリットをまとめてみた

スポンサーリンク
仕事

っちゃ!管理人です!

楽だなんだと言われる在宅ワークですが、その実情は結構厳しいものです。

今回は、WEBライターとして活動している僕が、在宅ワーク(ライター)のメリットとデメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

在宅ワークとは

個人事業主として家で仕事をしている人のことを言うのが一般的ですが、家でする仕事(内職など)全般を指すとこともあります。

在宅ワークの種類についてはこちらにまとめたので良ければご覧ください。

在宅ワークのデメリット

現実を知ってほしいのであえてデメリットから書きます。

費用はすべて自腹

インク代やネット料金、機材費やソフト費はもちろんのこと、打ち合わせ先までの交通費や自身の健康診断費まですべての費用を自分で出します。

8000円で仕事を請けて、取材費が2000円かかったとしたら、6000円の収入しかないですからね。

仕事の報酬と支出を考えた時にしっかりと釣り合ってるかどうか考えないと、すぐにやっていけなくなります。

急な休みが取れない

体調不良や急な用事が入っても、納期があるため仕事を休むことが出来ません。

リテイク込みの依頼を請けてる時はその場から離れられないこともあったり、納期が重なった日は家から一歩も出れないこととかもあります。

あらゆることに関して「時間絶対厳守」の世界なので、多少のトラブルは自分で片をつけて調整する必要があります。

収入が安定しない

今の僕もそうですが、収入がめっちゃ上下します。

幸い生活が出来るレベルにはやれていますが、知り合いには40万から8万円まで一気に落ちた人もいます。

ただでさえ単価が低くて難儀してるのに、クライアントの報酬未払いやクライアント都合の打ち切りがあったりもしますからね。

僕は独身だからいいですけど、家族が居たら最悪破産ですよ。

ライターは食わず嫌いするなと言われてますけど、裏を返せばどんな仕事でも出来るようにしておけってことで、この言葉が既に在宅ワークの実情を物語ってますね。

手続きが面倒

個人でライターやってる人は、税金やらの申告をすべて自分でやる必要があります。

個人ライターは記事を書くこと以外にも、お金の管理や帳簿の書き方とかも覚えなければいけので常に勉強三昧って感じです。

僕は時間をかけてチマチマとやっていますが、一人でやるのはかなり時間がかかるので、お金がある人は税理士に丸投げしてたりします。

在宅ライターのメリット

自分のペースで仕事が出来る

納期さえ守れば誰かにせかされることがないってのは気持ちに余裕を作ってくれます。

仕事をどの程度請けるかも自分で決められるので、今月は30日フルで働いて、来月は1日も働かない、なんてことも出来ちゃいます。

あとは出先で仕事が出来るってのもかなりデカいですね。

新幹線で取材に行くとして、行きで構成とレイアウトを考え、取材が終わった帰りに記事を執筆すればものの数時間で仕事が終わってしまいます。

基本的にパソコンさえあれば出来る仕事なので、あらゆる場所とタイミングで仕事をすることが可能です。

なんなら公園のトイレとかでも出来ちゃいます。

会社に行く必要がない

あのギューギュー詰めの満員電車本当に嫌ですよね。

もちろん打ち合わせでそういった電車に乗り込むこともありますけど、基本は家でまったりティータイムです。

通勤時間を仕事やプライベートに充てられるので、稼ぎたい人はもっと稼げるように、休みたい人はもっと休めます。

会社内の煩わしい人間関係や上司のご機嫌取りも必要ありません。

お昼ご飯だって一人で食べることが出来ますし、なんならテレビや本を見ながら食べても文句は言われません。

使える時間が増える上にあらゆるストレスから解放される。

最高ですね。

まとめ

実情は厳しいだとか色々と言いましたが、なんだかんだ在宅ワークは安定さえすれば楽だと思います。

ただ、その安定させるまでの道が非常に長く、僕も生計をたてられるまでに1年半以上かかりました。

何かしらのスキル(人脈やコネも含めて)がないと、すぐに収入を安定させるのはかなり難しいです。

人によっては会社員時代の方が稼げた、楽だったという人もいるくらいなので、在宅ワークが自分に合っているのかどうかを良く見極める必要があります。

現在会社に勤めている人は土日を使って在宅ワークをしてみたり、時間のある人は今からコツコツと実績を作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました